DHA・EPAについて

アスタキサンチンを含む「クリルオイル」の効果とは?

クリルオイルとは、世界で一番綺麗な水質である、南極の海に生息している「ナンキョクオキアミ」から抽出されるオイルの事です。オメガ3脂肪酸(主にDHAとEPAを多く含んでいます)を始め、リン脂質やアスタキサンチンを含有している、健康にとても有効的なオイルです。


DHAやEPAを摂取したい場合、これまでは魚油が一般的でしたが、最近はクリルオイルから抽出したサプリメントなどが増えてきています。その1番の理由として、吸収率が良いところにあります。一般的な魚油より吸収率がよいのは、レシチン(リン脂質)と結びついた構造だからです。


一度魚に食べられて、その蓄積した物を食べる...となると、分解されてしまっていますから、オキアミの時と比べて吸収率が悪くなってしまうのです。リン脂質結合型の物質だとかなり身体の吸収が良いですから、特にリン脂質が40%以上のクリルオイルはとっても良いです。


また、クリルオイルの中に含まれるアスタキサンチンがとっても良い働きをしてくれます。DHAやEPAはとても酸化しやすい特徴を持っているので、これらを摂取する際には抗酸化作用のあるものと一緒に摂取するのが望ましいのですが、なんとアスタキサンチンには抗酸化作用があるのです。これにより、酸化しにくくなり、長期保存もある程度可能になりました。


そして、魚油と比べてにおいがほとんどないというのもありがたいところですよね。口の中から魚のにおいがするとちょっと気持ち悪いですもん。ただ、クリアオイルのなかにはにおいがそこそこするものもあるようです。その原因としては、抽出が丁寧に行われていないことが挙げられます。丁寧に抽出されているものは、ほとんどにおいがありません。


つまり、一重にクリルオイルと言えど、その品質にはバラつきがあるようです。クリクリルオイルのサプリメントを選ぶ際気をつけなければならないポイントがいくつかありますから、参考にして選んでみてください。


・オイル抽出が丁寧で、化学溶剤を使用していない
・余計な添加物や不純物が含まれていない
・リン脂質が40%以上含まれている
・原料の100%がナンキョクオキアミである
・重金属類や汚染物質など、身体に害を及ぼすものが含まれていないことをチェックしている
・においがほとんどない


などのポイントがあります。クリルオイルだからなんだって身体に良い、と思いこまずに、ちゃんとチェックして身体を守りましょう。


FXバーチャル取引