DHA・EPAについて

EPAにはどんな効果がある?効率的な摂取方法は?

EPAについてちゃんと知っていますか?もしかしたら、DHAのついでについてくる何か、という認識だったりする人も多いかもしれませんね。そこでDHAとの違いも含めて説明していきたいと思います。


EPAは正式名称をエイコサペンタエン酸と言い、DHAと同様、必須脂肪酸で、分子構造がよく似ています。生きていくのには欠かせない物なのですが、体内で作る事が出来ないため、摂取する必要があります。


悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させ、反対に善玉コレステロールを増加させ、血液をサラサラにする効果があります。他にもアレルギーを抑えてくれる働きなどがあり、DHAとほとんど同じような効果なのですが、違いはあります。


DHAは脳血液関門を通り抜けて脳神経まで運ばれるために、記憶力が向上したり、アルツハイマーを予防したりなどします。しかし、EPAは脳血液関門を通り抜けることが出来ないので、脳に働きかけません。


その一方、EPAは血小板凝集抑制効果がとても高く、血栓が出来るのを防いでくれます。心筋梗塞や、虚血性心疾患の予防にも大変役立ちます。DHAも効果はあるものの、EPAに比べたら効果は低くなってしまいます。


また、EPAには肌の角質層を補修する働きがあります。保湿力がアップして、乾燥した肌にも効果があります。他にもダイエットに有効だったり、生理痛を和らげたりする効果もあるようです。


EPAの効率的な摂取方法とは?


EPAもDHAと同様に、主に魚から多く摂取する事が出来ます。ただ、含有量が多い魚はそれぞれ少しずつ違ってきます。それぞれのトップ3はDHAが1位:本まぐろ(2877mg)、2位:まだい(1830mg)、3位:ぶり(1785mg)で、EPAは1位:まいわし(1381mg)、2位:本まぐろ(1288mg)、3位:さば(1214mg)という結果でした。


そして、大きな魚、例えばまぐろの場合、赤身だと含有量がどちらも結構落ちてしまうので、脂の乗っているトロの部分を食べるのが良いでしょう。EPAもDHAもどちらもたくさん摂取することができるまぐろはおすすめです。


EPAもDHA同様に酸化しやすく、熱に弱いために出来る限り生で食べたほうが良いでしょう。特に煮詰めたり、天ぷらにするのはあまりよくないようです。干物は割と損なわれにくいようなのでおすすめです。


また、川魚はEPAをあまり含んでいないので、海の魚を食べるようにしましょう。なぜ海の魚の含有率が高いかというと、そもそもEPAは海中に生息している植物プランクトンやオキアミに含まれているものだからです。


EPAやDHAは摂取目安以上摂取してもほとんど副作用はありませんが、血が固まりにくくなってしまうのでケガをしたとき出血が止まらなくなってしまったり、下痢や吐き気などが引き起こる事があります。


ただ、あまり魚を摂りすぎるのも危険な場合があります。それは妊婦さんです。魚に含まれる水銀は普通の状態でも良くないのですが、妊婦さんの場合、摂取した水銀がそのまま胎児に流れていってしまいます。


大人だったら大した事無い量でも、ちいさな身体ですからかなり影響を及ぼしてしまうのです。ですから、妊婦さんは水銀が入っていないサプリメントから摂取したほうがよいかもしれません。


FXバーチャル取引