DHA・EPAについて

DHAにはどんな効果がある?1日の摂取量の目安は?

DHAはとにかく身体に良い、という認識をもっている人は多くいるでしょう。ただ、頭が良くなるものというぐらいで、詳しくは知らないのではないでしょうか。改めてDHAについて説明をしていきたいと思います。


DHAの正体は実は脂肪なんです。青魚などに特に多く含まれるもので、正式名称を「ドコサヘキサエン酸」と言います。不飽和脂肪酸の一つで、オメガ3脂肪酸に分類されます。必須脂肪酸なのですが、体内で生成することが出来ないために外部から取り込まなければなりません。しかし、現代は魚の摂取量が減ってきているので積極的にサプリメントなどを利用して摂取する必要があります。


脂肪、というとあまり良いイメージはではないかもしれません。確かに肉や乳製品など、動物性食品に含まれている飽和脂肪酸は身体に良くありません。いわゆるドロドロ油と呼ばれるもので、摂取し過ぎる事で中性脂肪や悪玉コレステロールを増やすことになってしまいます。


一方の不飽和脂肪酸はサラサラとした形状をしていて、むしろ中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させる働きがあります。他にも血圧を下げる働きがあり、高血圧や動脈硬化を予防して、心筋梗塞や脳梗塞を防ぐことが出来ます。また、メタボリックシンドロームも防いでくれます。


他にも、DHAには脳血液関門を通り抜ける事が出来るので脳神経にまで届き、脳を活性化するという働きもあります。アルツハイマーを予防したり、記憶力をUPさせるなどの効果があります。また、セロトニンの量も増やすことが出来るので、精神状態が安定し、うつ病の予防や改善にも効果的です。花粉症などのアレルギーも解消された、という報告もあるそうです。


DHAの1日あたりの摂取量の目安は?


厚生労働省が推奨している、1日あたりのDHAの摂取量は1000mgです。成人の理想的な摂取量としては500mgから1000mgなのですが、出来る限り1000mgに近い量は摂取したいなと思いますよね。サプリメントに頼るのは良いのですが、半分ぐらいは食物から摂取しておきたいところです。


DHAを多く含む食材といえばやはり魚です。サバやサンマなどの青魚に多く含まれている、ということは有名ですが、まぐろにも多く含まれているんです。というのも、まぐろは小魚を餌としているために、DHAが凝縮しやすいのです。特にトロなどの脂身の部分に多くDHAが含まれています。


他にも鮭やうなぎなどの魚からも摂取する事は出来ます。他にもαリノレン酸が含まれたナッツやゴマなども良いです。αリノレン酸は身体の中でDHAに変換されるからです。しかし、変換率は10%から15%ぐらいなので、やはり魚から摂取するのが効率的でしょうかね。


摂取方法としては生が良いでしょう。というのもDHAは熱に弱い上に酸化しやすいという特徴があります。ですから、とれたての、出来る限り新鮮な魚を食べるのが良いというわけです。新鮮なトロの刺身は最高というわけです。


加熱して食べるのもよいのですが、調理の際に油が流れ出てしまいます。ですから、その流れた油を捨てずに、出来る限り摂取できると良いでしょう。あと、頭に多くのDHAが含まれますから、嫌いな人は多いかもしれませんが、嫌がらずに食べられるようにしまよう。


他に、魚を食するとき、抗酸化作用が高い食品も一緒に食べるということが大切です。かぼちゃやブロッコリー、ゴマなどの食品がオススメです。サプリメントにしてもビタミンEやセサミンなどを飲むのが良いとされています。


だけど、あんまり摂りすぎるのもよくないんじゃないの?という心配もあるかもしれません。副作用はほとんどないと言われていますが、あまりに多く摂取し過ぎると血が固まりにくくなってしまったり、下痢や嘔吐を引き起こしてしまったりすることはあるようです。


FXバーチャル取引